新宿クレアクリニック

施術が断られてしまうケースとは?


クレアクリニックの医療レーザー脱毛はお肌にやさしい脱毛が出来ますが、それでも脱毛を断られてしまうケースというのがあります。
有名なところだと日焼けです。日焼けのお肌には脱毛の施術が一般的にはできません。その理由はお肌が黒い状態で脱毛をしてしまうと、お肌の表面でも高熱が発生してやけどのトラブルが起きる可能性が非常に高くなってしまうためなのです。
日焼けに関しては確かに有名ではありますが、その他にも脱毛が出来なくなってしまうケースというのはないのでしょうか?この点についてまとめてみたいと思います。

1.アレルギーがある
アレルギーの症状がお肌に出てしまうことはあると思います。そんなアレルギー症状のある方は脱毛が出来ないのかというとそうではありません。食物アレルギーなどであれば問題なく施術は可能です。
ただし、一つだけ脱毛が出来ないアレルギーがあります。それは光アレルギーです。フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛などは光を当てずに脱毛をすることができません。
全ての光にアレルギー反応があるわけではないのですが、そのリスクが高い以上脱毛の施術を受けることはできません。
光アレルギーがある場合にはまず、アレルギーの治療を優先して行うようにしましょう。

2.糖尿病の方
実は糖尿病の方も脱毛をすることができません。内臓疾患ですので、お肌の表面の施術である脱毛には何の影響もないのではないかと思ってしまうかもしれませんが、実は大きな関係があります。
脱毛の施術とういうのはお肌の表面に強力な光を当てて高熱を発生させて、その熱で毛根や毛母細胞などにダメージを与えていく処理です。そのため、どうしてもちょっとしたやけどは避けられないのです。
健康な方であれば半日もかからずおさまってしまうような些細なやけどでも、糖尿病の方には大きな問題になってしまうことがあります。なぜなら糖尿病になってしまうと傷の治りが悪くなってしまうためです。
そのため、些細なやけどがいつの間にかひどい状態になってしまうなんてこともあり得るのです。そのため、糖尿病の方は脱毛の施術を受けることができません。

3.てんかんの方
てんかんの症状を持たれている方も脱毛をすることができません。てんかんというのはちょっとした刺激でも発作が起きてしまう可能性があるものです。
そもそもてんかんというのは脳神経の病気です。そのため、どのような刺激に反応してしまうのかというのは特定しづらいのです。
脱毛の施術というのはお肌の表面や毛穴の中などで痛みが出てしまう施術です。そのため、てんかんを持たれている方は脱毛の施術の際にその刺激で発作が起きてしまうことがあり得ますので、脱毛の施術を受けることが出来ないのです。

4.妊娠中の方
妊娠中の方も脱毛をすることができません。これは脱毛機の光が赤ちゃんに何か悪い影響を与えるということではありません。脱毛機の光というのは毛穴の奥の毛根部分に最も効果を与えたい施術です。
そのため、赤ちゃんがいる子宮の中まで届くような光は使用していないのです。そのため、赤ちゃんに悪影響を及ぼすことはありません。
では、なぜ脱毛が出来ないのでしょうか?それは効果の問題なのです。妊娠中というのはホルモンバランスが非常に大きく崩れることがあり、妊娠中に味覚の志向が変わったり、体質が変わったりしてしまう方もいらっしゃいます。
その状態で脱毛の施術をしてしまうと、逆に毛が濃くなってしまったりすることがあるのです。そのため、脱毛をすることができません。
もし、脱毛の施術を受けている途中で妊娠をされたときは、すぐにクリニックやサロンに連絡して休止の手続きを取るようにしましょう。休止期間中は料金も発生しません。
また、脱毛を再開できるタイミングも記載しておきます。脱毛を再開するのは授乳が終わってから2カ月以上明けて再開するというのが目安になっています。授乳中もホルモンバランスが崩れやすいのです。


新宿クレアクリニックの無料カウンセリングはこちらから 新宿クレアクリニックの公式サイトへ 新宿クレアクリニックの口コミ・おすすめ情報