新宿クレアクリニック

安全に脱毛を受ける為、脱毛前・後に気を付けることは?


 クレアクリニックでは、脱毛前や脱毛後に薬を飲むこと、予防接種を受けることを注意しています。医師や看護師がいますから、私は風邪薬を飲む前やワクチンを打つ前に相談するようにしています。初回のカウンセリングでも説明されますけど、そのときの体調にもよりますから、その都度確認した方が安心です。

クレアクリニックでの脱毛前・脱毛後の注意点

  1. 風邪薬を飲んだら脱毛が出来ない?
  2. 脱毛後も数日は薬を飲まない方が良いの?
  3. 予防接種をしてはいけない?
  4. その他脱毛中の注意点とクレアクリニックは安心できる理由


風邪薬を飲んだら脱毛が出来ない?

 クレアクリニックのスタッフに、「風邪を引いてしまったみたい……」という話をしたら、「風邪薬を飲んだ後は脱毛出来ません」と言われました。脱毛出来ない理由ですけど、風邪薬を飲んだ後の副作用にあるようです。多くの風邪薬には抗生物質が配合されていますが、薬の副作用で肌が通常の状態より熱に過敏になってしまうことがあります。レーザー脱毛は、メラニン色素に熱エネルギーを照射して脱毛しますから、脱毛後にヤケドや強い痛みが出るなど肌トラブルが起こる可能性があります。
 風邪薬を飲む以前に、私は体調の悪いときは施術を受けるのをやめています。クレアクリニックは2日前までなら予約をキャンセルできますから、熱っぽくて、咳が出るなどというときはキャンセルして休んだ方がいいかもしれません。スタッフに相談してみてください。黙って施術を受けたりすると、スタッフに風邪をうつしてしまうおそれもありそうです。風邪が治るまでは、施術を見合わせた方が良いでしょう。

★風を引いたら脱毛をキャンセルした方が良い理由
風邪薬には抗生物質が配合されているので、薬の副作用で肌が通常の状態より熱に過敏になっている可能性があり、ヤケドなどの肌トラブルが起こりやすかったり、痛みを感じやすい。また、体調が悪い時も通常と比べるとトラブルを起こしやすいので、安全に受ける為にキャンセルすることをおすすめします。


脱毛後も数日は薬を飲まない方が良いの?

 脱毛後に風邪を引いてしまった場合ですけど、脱毛した肌は乾燥状態にあり、肌トラブルが起こりやすい状態になっています。また、脱毛した後に急性インフルエンザにかかってしまうようなこともありえます。この場合は、病院に行ってお医者さんに聞いてみましょう。
 脱毛による肌トラブルと急性インフルエンザによる高熱とで、どちらが優先されるかの判断は勝手にしない方がいいと思います。症状がツライ場合は、病院に行って脱毛の施術を受けていることと、風邪のツライ症状とを話すといいでしょう。

予防接種をしてはいけない?

 脱毛前に「予防接種」を行うのは大丈夫でしょうか?予防接種は、風邪やインフルエンザなどを予防するために行いますが、ワクチンの副作用がありえます。副作用により接種した場所が赤くなって、熱が出てしまうこともあります。いろんな脱毛サロンの予防接種への対応を調べてみましたが、脱毛前の10日なら良いとするところや2日前としているところなど、対応にバラツキがあります。これという正解はなさそうです。
 私は予防接種をした後に脱毛したことはありませんけど、できるだけ体調のいいときに施術するようにしています。私は敏感肌なので、わりと体調の良し悪しが肌に出る方だと思っています。スタッフに相談することが重要ですが、念のため10日開けておけば安心でしょう。

その他脱毛中の注意点とクレアクリニックは安心できる理由

 ほかに、脱毛中の注意点として、日焼けが良くないことや飲酒に関することなど、クレアクリニックではカウンセリング時に説明しています。日焼けについては、レーザーは黒い色(メラニン色素)に反応するため、日焼け後のメラニン色素が増えた状態だと炎症を起こしやすくなるみたいです。飲酒も、飲んだ後に血行が良くなり、かゆみを感じることがあるようです。私は飲みすぎると気持ちが悪くなるため、クレアクリニックで体調が悪くなったりしたら大変です。胃がムカムカするときなども、施術は避けています。
 ところで、クレアクリニックは東洋医学に基づいたアーユルヴェーダを導入していますから、アフターケアにも十分に気を遣っており、敏感肌の人に向けた施術を行っています。ニキビがひどいときなども、診察後に色素沈着の治療を行ってから施術を受けることになります。クレアクリニックはエステサロンと違って、医師と看護師のいるクリニックですから、症状を診た上で脱毛できる状態なのかどうかを判断してもらえます。

新宿クレアクリニックの無料カウンセリングはこちらから 新宿クレアクリニックの公式サイトへ 新宿クレアクリニックの口コミ・おすすめ情報