新宿クレアクリニック

ムダ毛処理を始めるなら秋がおすすめ


脱毛の施術にもおすすめの時期があるのをご存知でしょうか?それは秋なのです。これはクレアクリニックでも同じことが言えます。
クレアクリニックで行っている医療レーザー脱毛にはいくつか苦手とするものがあります。その苦手とするものが秋になると急激に減ってくるのです。
なぜ秋からがおすすめなのかをまとめてみたいと思います。

1.なぜ秋がおすすめなのか
医療レーザー脱毛は苦手なものがあります。医療レーザー脱毛がその中でも最も苦手とするのが紫外線です。
つまりもっと具体的に言ってしまえば夏が苦手なのです。夏の脱毛というのは非常に人気の時期ではありますが、その反面実は危険もある時期だったのです。
また、それ以外にも脱毛期間の問題もあります。医療レーザー脱毛の施術というのは1回の施術でおわるわけではありません。複数回の施術が必要で、しかも、脱毛と脱毛の間隔もあります。
かなりの時間がかかるものであるということです。
これらがなぜ苦手なのかを詳しく説明します。

■紫外線がなぜよくないのか
脱毛の施術というのは黒い色の部分に光を集めて熱を発生させることで脱毛効果を発揮するものです。紫外線が強い時期に付き物といえば日焼けです。
この日焼けがまず問題です。脱毛機の光を毛に集めて熱で脱毛をするのですが、その際に毛だけを狙うことはできないのです。照射した範囲にある黒い色や濃い色に光は吸収されるのです。
つまり、お肌がきれいな小麦色になっているとお肌でも光を吸収してしまうのです。光を吸収するということは当然、熱も発生すると言うことです。しかも、その熱は毛を焼ききることができるほどの熱なのです。
ということは、その状態は非常に危険であるということがわかってもらえるかと思います。
もし日焼けをしていると日焼けの色が落ち着いてからさらに2カ月ほどの間隔を開けないと脱毛をすることができません。お肌のターンオーバーは平均28日といわれています。
日焼けがなくなるには少なくとも28日という計算になるように思うかもしれませんが、日焼けの色がおさまってもしばらくは黒色メラニンが活発に分泌されるのです。そのため、色が落ち着くのには2カ月以上はかかるといわれています。
2カ月で色が落ち着いてきたとしても、さらに2カ月の期間は脱毛が出来ないため最短でも4カ月脱毛が出来ないということです。
さらに、ここで考えなければならないのが毛周期です。毛周期は2カ月から3カ月である方がほとんどです。この周期に合わせて脱毛をしないと効果が薄くなってしまうのです。
毛周期が3カ月の方は最短で再開できるまでに半年の期間がかかってしまうということです。

■脱毛期間の問題
脱毛の施術というのは2カ月から3カ月に1回の割合で5回以上の施術が必要といわれています。つまり、1年前後の期間がどうしても必要になってしまうということです。
先ほどもお話ししたように脱毛は夏が苦手です。そのため、夏前に始めれば翌年の夏にはきれいなお肌でいられることが多いのですが、それ以降になると夏には間に合いません。
そこで逆に考えてみると、夏までに最も多くの回数をこなせるのはいつなのかというと、それが秋なのです。
翌年にきれいなお肌でいるためには秋から準備する必要があるのです。また、脱毛の効果には個人差はあるものの4回程度から実感できるといわれています。
そのため、秋から始めても効果を実感できるのは翌年の夏前後です。焦らず施術をしていきましょう。

2.注意する点もある
脱毛の施術では熱を使用して脱毛をしていきます。そのため、お肌には一時的に非常に軽い程度ではありますが、やけどを負った状態になります。
ヤケドというのは乾燥が苦手で、やけどした個所を乾燥させてしまうとヤケドがひどくなることがあるのです。
夏は湿気の多い季節ですが、秋から冬にかけてはその湿気がなくなり乾燥しやすい季節になります。脱毛の施術後の保湿ケアはしっかりと行うようにしましょう。

新宿クレアクリニックの無料カウンセリングはこちらから 新宿クレアクリニックの公式サイトへ 新宿クレアクリニックの口コミ・おすすめ情報